伊藤麻希 ゴッドタン出演内容。男色ディーノに絞め落とされ失神?リップロックとは!?

Pocket

アイドルでもあり、プロレスラーでもある伊藤麻希さんについて。

LinQというアイドルグループに所属していたようですが、2017年6月に脱退(クビ)しています。

プロレスの方は2016年7月3日にデビューしています。

ゴッドタンに出演時の内容

放送した時期は2015年6月13日。まだLinQにいたときですね。

番組内容は「目指せ!お兄ちゃん芸人 アイドル×芸人 フィーリングカップル」という番組。

一番右が伊藤さん

内容はLinQが過去にグループ内に問題があり、メンバーは悩みを相談できるお兄ちゃん芸人が欲しいと言い出す。

この番組は、お笑い芸人がアイドルにとって頼れるお兄ちゃん芸人的存在を目指して奮闘するというもの。

スポンサードリンク

なんだこの設定(笑)

番組でのやり取りは以下の流れになります。

番組出演者の劇団ひとりが、

「プロデューサーから顔がでかい娘がいるって言ってたけど、あの子だよね」

と伊藤さんに絡む、顔が他の子より大きくて、顔もちょっと微妙と言われる。

つづいて、おぎやはぎの矢作さんに伊藤さんはオチなんだよね?聞かれると、伊藤さんは

「オチじゃないです! けど干されメンて言われます」

と答えた。

伊藤さんが以前ネット番組でメンバーの子が「可愛くないメンバー山手線ゲーム」をして、いざこざが起きてしまったことを話す。

自分が一番最初に名前が出され、ショックを受けたという。

それを聞いて、おぎやはぎの小木さんが「しょうがないよ」と慰める。

その後は芸人にいろいろ突っ込まれるが、動じずにやりすごす。

自己紹介がまだしていなかったようで他メンバーの紹介が終わり、伊藤さんの番になった時こう答えた。

「みんな伊藤麻希を見るときは、部屋を明るくして離れてみてね!」

自虐ネタで答えた。レギュラー陣に大絶賛だった。

ネットでの反応も

「ゴッドタン見てから即ファンになった!」

「伊藤ちゃん、一気に好きになった」

「ブスキャラここまで使いこなしてると好感しかない」

「マジで売れると思う」

「この路線どんどん極めていけば絶対売れるわwww」

「福岡にあんなおもしろいアイドルがいたとは」

と好評でした。

このゴッドタンという番組は深夜番組で、テレビ東京の番組になります。

顔がでかいやブスキャラとかひどい言われようですが、私は全然かわいいと思うのですが、、、

伊藤さんのトーク力の良さを感じる番組だったようですね。

男色ディーノに絞め落とされて失神とは!?

2017年12月11日に行われた、記者会見(対戦発表)でディーノ選手と口論になり、最終的にクビを締められて失神したこと。

口論と言うよりコントかも(笑)

どういったやり取りだったのかと言うと、この会見で伊藤さんはディーノさんとの対戦が決まったのですが、ディーノさんは不満げな態度。

ディーノさんの態度に伊藤さんが、

「そんなこと言って内心うれしいんじゃないの?」

「こんなに可愛い伊藤と対戦できるんだよ?」

と言って挑発。

このときにはすでにアイドルグループのLinQを辞めています。

辞めたのは2017年6月。

さらに続けて、

「尊敬しているからこそ超えたい。おいしいところは全部、伊藤がもっていく」そして完全勝利のため、ディーノに「伊藤を抱きたいと思わせる」

と宣言します。

これに対してディーノさんは、

「私をムラムラさせるってこと?どっからくるの、その自信は」

さらに男性経験がないという伊藤さんに対して続けてディーノさんが

「何か足りないとこがあるんじゃないの?」

と挑発。

これに対して伊藤さんが、

「処女卒業する機会はあったの!」

とかえします。

立て続けにディーノさんの質問に伊藤さんが答えます。

「売れない俳優の家に行った」「同窓会で小学生の頃に好きだった人と会って家に行った」など次々と告白。

しかし「一緒に寝て腕枕はしてもらった」ものの「そこから何もなかった」という

ディーノさんは

OKサインを出せてないんじゃない?」「何か重さがあるのよ」

これに伊藤さんが最後に挑発?

スポンサードリンク

「あなた(ディーノ)の子なら産んでもいいと思ってるよ!」

これを聞いてディーノさんが怒り、伊藤さんにスリーパーでクビを締めて失神させる。

「アイドルとして魅力がないことを分からせます」

とディーノさんが最後に締めくくります。

失神している伊藤さんの顔がすごいですね。

普通のアイドルだったらこの顔は写せない(笑)

リップロックとは!?

2018年1月4日に行われた後楽園ホールでの対戦時、伊藤さんがディーノさんにリップロックをしかけたことです。

リップロックはディーノさんの得意技で、それを逆手にとって伊藤さんが仕掛けたことで観客を驚かせました。

ディーノさんの場合リップロックではなく男色ベーゼと名付けています。

まさかアイドルである伊藤さんがディーノさん相手にリップロックをするとは誰もが思わなかったと思います。

アイドルが人前でキスするなんて滅多にないことですよ。

リップロックはただキスをするのではなく、相手の唇を塞いで酸素を奪い呼吸困難にする技で、長いあいだしていれば相手の意識が落ちることもあるそうです。

流れとしてはディーノさんの激しい攻撃に耐えた後、急所攻撃をしかけてつづけてリップロックしかけたとのこと。

伊藤さんはこれがファーストキスだったそうですが、

「勝負のためのキスだから。好きな人とするのが本当のキス。それはこれから」

とコメントしていました。

LinQをクビになった理由は?

伊藤さんは2017年6月20日にクビになったとブログ、ツイッターで報告していますが、所属しているLinQ(リンク)がアイドルとしての適正を図り、再編成したためLinQを卒業になったとのこと。

適正を図るため、以下のプロジェクトを実施。

2017年5月5日 福岡市民会館、5月27日 東京・中野サンプラザにおいて開催された「LinQ解体、再開発プロジェクト公演」

LinQメンバーに課せられていた目標、「8割以上の集客、メンバーの一体感とファンの満足出来るパフォーマンスを行うこと」について、

総合的に条件をクリアしたと判断し、「IQプロジェクト」を発足することを決定した。

このIQプロジェクトとは!?

アイドル、LinQのみならずエンターテイメントの世界で活躍をする集団となるためのプロジェクトになります。

この編成時にエンターティメント集団というグループができ、伊藤麻希さんがLinQからこのグループに編入しています。

この編入で、かたち的にLinQを卒業ということになり伊藤さんはクビになったと報告したんですね~

LinQの方は新人を一人含めて11体制に変わりました。元は21人体制でしたが、約半分がエンターテイメント集団に移り、残りの三人が引退しています。

このエンターテイメント集団は、

アイドル活動に限らずミュージカル、舞台、モデルなど、他の分野にも挑戦し、また個々の才能に合わせソロ活動も行っていく。

伊藤さんは知っての通り、プロレスの世界で活動していますが、ブログで自身の心情を書いています。

解体・再開発プロジェクトが始まって、プロジェクトを成功させたいという思いはあったものの、これからもLinQに残りたいという気持ちは持たないようにしていた。

なんとなく、新生LinQに伊藤がいるべきではないと思ってたから。

勿論LinQは好きなので、絶対残れと言われたのなら残ってもよかった。けど、大人にそうは言われなかった。

伊藤はどちらにせよLinQ一筋にはなれない。ずっとここにいることはできないです。

伊藤はいろんなモノに浮気したい。

前々から自分がどうしたいのか葛藤していたのでしょうかね?

アイドルを辞めさせられたら、アイドルを始めたらいいじゃない。

だって伊藤はアイドルだもんそして変わらずプロレスも続けて参ります。

プロレス以外にも、バラエティや芝居などいろいろやっていきたいです。

前向きなことも書いてありました。

宣言どおり現在はプロレスでの活動から、バラエティ番組などの出演もしていますから、うまくいっていますね。

伊藤さんは「今闘えるアイドル」と名乗っていますが、名乗るだけあって気合の入った試合をしています。

今後の活躍に期待ですね。

スポンサードリンク