長嶋一茂 嫁 仁子は元ホステス?実家や子供(双子)の学校について。兄弟姉妹の仲は?

元プロ野球選手で、現在はスポーツキャスター、タレントの長嶋一茂さんについてご紹介します。

生年月日は1966年1月26日。出身地は東京都 大田区。生まれは世田谷区になります。

1996年にプロ野球を引退され、その後は極真空手(歴20年以上)や芸能活動をはじめます。

嫁 仁子さんは元ホステス?また実家について

 

この投稿をInstagramで見る

 

芸能ちゃんねる(@geinou_c)がシェアした投稿

長嶋さんは、1999年9月に猪野仁子さんと結婚されます。嫁は一歳年上。

結婚当時の年齢は長嶋さんが33歳、仁子さんが34歳ぐらいになります。

仁子さんの生まれや実家は、高校が鹿児島県の学校だったので、鹿児島県だと思われます。

長嶋さんの実家は、東京都大田区の田園調布(でんえんちょうふ)。

嫁の仁子さんは、長嶋さんの事務所のマネージャーのようですが、元ホステスでもあったという噂があります。

嫁のホステスについて調べていくと、どうやら銀座にある高級クラブ、「ドルフィン」のホステスだったようです。

クラブは創業40年以上の実績がある老舗で、場所は東京都 中央区 銀座7丁目。

※ちなみにキャバクラとクラブの違いは、クラブの場合は席料で料金を取り、会員でなけれは入店出来ない場合があり、経営者、教育係の責任者「ママ」がいる。女性の年齢はキャバクラよりも若干高く、指名も一度決めたら変えられない?らしいです。これらはお店によるのかもしれません。料金も高め。

仁子さんは高校を卒業後、東京に上京してホステスになったと言われています。

上京の理由は、弟が歯医者になりたいらしく、その教育費を稼ぐためだったらしいです。

仁子さんはドルフィンでは、ナンバー2のホステスだったらしいのですが、時期はわからないですが、別のお店に移りそこではナンバー1だったという。

当時の仁子さんを知る人によると、”美人で酒にも強く、お酒で酔ったお客さんの対応が上手だった”とのことです。

また、話題作りのためか、噂話が好きで作り話を作って話すこともあったそうです。

長嶋さんと仁子さんの出会いは”ドルフィン”で、野球の試合が終わったあとに仲間と一緒に訪れた。

そこで長嶋さんは、仁子さんに惚れたらしく、その後は交際に発展します。

仁子さんがマネージャーになった経緯は、長嶋さんが1996年にプロ野球選手を引退した後、長嶋さんが個人事務所の「ナガシマ企画」を設立されます。

その事務所に仁子さんがホステスをやめて事務所のマネージャーなります。

おそらく長嶋さんが奥さんを事務所に引き入れたのだと思います。

※現在は仁子さんが事務所の社長のようです。

そして1999年9月にふたりは結婚されます。結婚の時期に関して少し面白い話があります。

1999年7月は、「ノストラダムスの大予言」の日だったのですが、長嶋さんはこの予言を気にしていたらしく、何もなければ結婚するといった事を決めていたようですよ。

結婚式は事業発展、縁結びのご利益がある「九頭龍神社」という場所で挙式が行われました。

長嶋さんは仁子さんに対して”一緒にいてリラックスできる、気の利いた最高のパートナー”だと語っていました。

2004年6月には双子の女の子が生まれています。

次は子供についてご紹介します。

スポンサーリンク

子供(双子)の学校について

長嶋さんの子供は2004年6月16日に双子の女の子が生まれています。二卵性の双子のようです。

※二卵性の双子の場合ですと、両親から受け継ぐ遺伝子情報は平均50%らしいので、性別や顔はそこまで同じにならないようです。一卵性は100%性別が同じになる。

双子の年齢は現在ですと16歳ぐらいになりますので、今は高校生になりますね。名前は調べましたが分からなかったです。

学校については、私立の青山学院に通っているらしいです。

青山学院は幼稚園から大学まであり、附属校なのであまり受験については頑張らなくていいので、このまま問題がなければ娘は進学していくと思います。

青山学院はセキュリティも良く、防犯カメラの設置や警備員の定期的な巡回監視もあるので、有名人の子供が多く通っている学校でもあります。

しかし、長嶋さんの娘は青山学院をやめて別の学校に転校してしまっている可能性があります。

なぜか?というと、2012年12月に長嶋さんは、女優の江角マキコさんとの間で子供に関係するトラブルがあったからです。

これは大きなニュースになりました。「バカ息子、落書き事件」と言われています。

内容は、江角マキコさんの娘がいじめを受けていたらしく、そのいじめの相手が長嶋さんの娘だったらしいのです。本当なのかは分かりません。江角さんの娘も同じ学校です。

それが原因で、親同士のいざこざやママ友との派閥問題などに発展してしまいました。

学校内で解決が進むかと思われたのですが、江角さんが予想外の行動を起こしたらしいのです。

長嶋さん一家が正月旅行に出かけている隙きに、長嶋さんの自宅の壁に「アホ」「バカ息子」とスプレーで落書きするのを江角さんが事務所のマネージャーに頼み実行したらしいです。

後に落書きに関しては、江角さんは否定しています。

マネージャーは落書きしてしまったことに関しては”誠意をもって謝ります”と謝罪しています。

最終的には江角さんの娘の転校で事は収まったようですが、事件をきっかけに長嶋さんの娘が通っている学校が分かってしまいます。

ですので、今でも青山学院に長嶋さんの娘が通っているかはわかりません。

しかし、疑問の残る事件です。こんな事をすれば、江角さん自らの首を絞める結果になるのは分かっていたはずです。あまりにも幼稚で、お粗末な出来事です。

江角さんは、この落書き事件は否定してますので、マネージャーの単独行動になりますが・・・謎ですね。誰かに嵌められたのかな?

この事件の真相はよく分からず、結果ウヤムヤのまま終わります。

※ちなみに江角さんは2017年1月23日に芸能界を引退されています。落書き事件が原因なのかもしれませんね。

2015年8月に放送された番組で長嶋さんは、番組で娘(当時11歳)は陸上をしていて都大会に出て優勝するほどの実力があることを語っていました。

運動神経の良さは、娘に引き継がれているようですね。

スポンサーリンク

兄弟姉妹や仲について

一茂さんには、兄弟姉妹がいます。一茂さん自身は長男になります。

ふたり妹がいて、一人は弟がいます。兄弟姉妹を順を追って紹介します。

長女は長嶋有希さんという方です。一般人の方ですので情報はほとんどないですね。

次女は長島三奈(ながしま みな)さん。

生年月日は、1968年6月3日。職業はスポーツキャスターになります。

学校は「田園調布 雙葉中学校・高等学校」。※読み:雙葉(ふたば)

大学は「日本大学 文理学 部哲学科」を卒業されています。

卒業後は、1991年にテレビ朝日のスポーツ局の記者として入局します。2003年に一旦退職し、翌年に契約社員で復帰されます。

2014年1月31日に契約期間の終了で退職、その後はフリーとなります。

退職されるまで番組、「熱闘甲子園」で約15年間メインキャスターを勤めていました。

次男は長島正興(ながしま まさおき)さん。

生年月日は1970年9月26日。職業はレーシングドライバー。

学校は「暁星国際 高等学校」を卒業されています。

大学は「駒澤大学 経済学部 経済学科」。1992年、大学在学中にレース活動を開始。

2008年ごろにレーシングドライバーを引退。その後は環境管理士の資格を所得され、現在は環境の分野で活動されています。

一茂さんの兄弟仲についてですが、あまり仲は良くないようです。

家族全員で集まって、食事や旅行っといったことは一度もなかったらしいです。

長女とは年に一度しか会わず、次男はアメリカにいるため何をしているか分からないと語っています。

特に次女の三奈さんとは仲が悪いようです。一茂さんの結婚式には来なかったらしいです。※母親も来なかったらしいです。原因は不明。

おそらく2009年に起きた問題がおおきようです。

一茂さんは2009年頃に、”家族ゆかりのある品”を勝手に福井県の資産家に売ってしまったらしいです。

さらに父、長嶋茂雄さんの商標登録を勝手にしたということも。

これが原因で、三奈さんとの仲が悪くなったみたいです。

構図としては、一茂さんが設立した個人事務所、「ナガシマ企画」で商標登録を勝手にしたようです。

三奈さんは父、長嶋茂雄さんの個人事務所、「オフィスエヌ」を母親(亜希子さん)が亡くなった後に事務所を引き継ぎます。

※母親がオフィスエヌの代表取締役でした。2007年9月18日に亡くなります。

簡単に言ってしまうと、兄弟で商標の取り合いになってしまったような感じです。

最終的には、オフィスエヌの商標となったようです。

この一茂さんの暴走行為?の裏には妻の仁子さんが関わっているという噂があります。

いろいろあったので、現在の家族状態はバラバラみたいですね・・・

また一茂さんは遺産相続に関しては、放棄していると2017年に放送された番組で宣言してます。

もう家族同士で争いたくないようで、番組で”兄弟は四人ですが、三等分だ”と言っていたようです。

おそらく家族全員がそろうのは、父親の長嶋茂雄さんが亡くなったときでしょう。

以上、長嶋さんの嫁や子供、兄弟に関する情報でした。

スポンサーリンク