北村一輝 結婚歴について。嫁はホステス?息子 ダンサーとは?若い頃について。

俳優として活躍されています北村一輝さんについてご紹介します。

生年月日は1969年7月17日。出身地は大阪府 大阪市。本名は北村 康(きたむら やすし)。

所属事務所は、「フロム・ファーストプロダクション」になります。

結婚歴と相手について。嫁 ホステスとは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

C L(@kitamura_ling)がシェアした投稿

北村さんは1993年に一般女性のかたと結婚されます。

結婚時の年齢は北村さんが24歳ぐらいになりますね。妻は何歳なのかわかりません。

二人の間には子供がいます。翌年の1994年12月3日に長男(北村 将清さん)を出産。

しかし、2012年にふたりは離婚してしまいます。約19年の結婚生活でした。

離婚については、2012年11月に女性週刊誌、「週刊女性」で情報が載ったのがきっかけで離婚していたのが発覚しました。

情報によると、ふたりは10年以上も別居状態になっていたようです。一緒に過ごしていた期間は短かったとか。

原因は北村さんの仕事が忙しくなり、嫁とはすれ違い生活となってしまったとのことです。

離婚後の財産分与は、マンションを元妻に渡したようです。また、息子の親権は元妻のようです。

息子とは離婚した後でも会うらしく、遊びに行ったり、ふたりで旅行に行くこともあるようです。

2017年12月にトーク番組「a-studio」で息子(将清)さんが取材を受けていて、その番組で父、北村さんについて

尊敬している、この父親でよかった。

と語っていました。

週刊誌の「週刊実話」によると、元妻は銀座のクラブでママをしていたという情報がありますね。検索ワードの”嫁 ホステス”はこの事かと思います。

なんでも結婚当時、まだ北村さんが俳優として売れていなかった頃に、元妻から高級車をプレゼントされていたらしいですね。

まだ俳優として売れていなかったのもあり、北村さんは元妻に養ってもらっていたらしいですよ。

努力され俳優で成功するようになるわけですが、結果的に元妻とはすれ違い離婚してしまうとは、なんだか悲しいですね。

離婚から一年後、2013年5月ごろに北村さんは女性週刊誌「女性セブン」20代の一般女性とデートしているところをスクープされていました。

都内で働く20代の女性で、モデルの前田典子さんに似ているらしいです。

代々木公園の売店で牛丼と焼きそばを買って、公園でランチを楽しんでいたようです。

デート中に買った物だと思いますが、ネックレスを彼女の首に着けてあげていたそうです。

しかし、この彼女と再婚されるのかと思いましたが、離婚から約7年後の2019年12月中旬に北村さんは40代の一般女性と再婚されます。

どのタイミングかは分かりませんが、どうやらスクープになった女性とは別れてしまっていたようですね。

結婚の報告は所属事務所を通して、各報道会社に報告。以下コメント。

日頃より皆様には大変お世話になっております。

私事で恐縮ではございますが、この度、私、北村一輝は2019年12月中旬に40代の一般女性の方と入籍致しましたこと、ご報告をさせて頂きます。

今後ともより一層、仕事に邁進し日々精進してまいりますので、今後とも変わらぬご指導、ご鞭撻の程何卒よろしくお願い申し上げます。

引用:yahooニュース

今回の結婚報告で、”令和元年 駆け込み再婚”なんていわれてますね。

ちなみに北村さんは50歳での再婚となります。

スポンサーリンク

息子について。ダンサーなのか?

北村さんの子供は、元妻との間に一人います。1994年12月3日に長男が生まれています

・名前 北村 将清(きたむら しょうせい)
・生年月日 1994年12月3日
・出身地 東京都

 

この投稿をInstagramで見る

 

Shosei Kitamura(@shosei_kitamura)がシェアした投稿

息子は高校時代は”アミューズ”という事務所に所属していて、俳優の仕事をしていたようです。

息子が出演した作品を紹介します。

2012年放送ドラマ「ブラックボード~時代と戦った教師たち」、2010年放送ドラマ「ヤンキー君とメガネちゃん」

2010年公開映画「ACACIA」。またCMにも出演「アサヒグループ食品の1本満足バー」

どの作品もちょっとした役だったようですよ。エキストラのような感じでしょう。

映画ACACIAは父、北村一輝さんが木戸春男という役で出演されていたので、親子共演作と言われていますね。

しかし、大学進学のタイミングで事務所はやめて、俳優の仕事もやめたようですね。

中学、高校などはどこなのかわかりませんが、大学は千葉県 千葉市 中央区 大巌寺町にある、「淑徳大学」のようですね。

大学ではダンス部に所属されていたようです。検索ワードの”ダンサー”とはこの事のようですね。

今現在はダンサーとして活躍されているようですよ。ライブでのバックダンサーの仕事や、アリーナでのダンスなどの実績があるようです。

ヒップホップ系のダンスが得意のようです。

もともと息子の将清さんは特に秀でた才能はなかったらしく、父の北村一輝さんが言うには運動神経や勉強も良くなく、さらに有名人という事もあり、息子はいじめられていた時期があったと語っていました。

※息子は学校で踏まれたりといったいじめに遭っていたそうです。

2017年12月15日に放送した番組「A-Studio」で北村さんが出演されていたのですが、いじめに関して息子から”こんな自分でごめんね”と言われ、北村さんは”本当にそのままでいいんだよ”て言って息子は泣いたそうです。

”全然そのままで大丈夫さ、まだまだ人生長いし”と息子に言って励ましたエピソードを語っていました。

また、北村さんは息子が大学に入る頃に、息子から以下のように言われたそうです。

父親の環境にいると甘えてしまうから1人にさせてくれ。親の人脈やお金に一切頼りたくない。

その後、北村さんは息子がダンスをやっていることを知り、ある日 息子がダンスをしているのを見たそうです。

特に才能もなく運動神経の悪かった息子が、ダンスを踊っているのを見て思わず泣いたそうです。

息子の成長、努力を感じたのでしょう。泣くほど、北村さんは嬉しかったわけですね。

北村さんは、なるべく息子のダンス(舞台)は見に行くようにしているようです。

ちょっとした逸話があります。

過去に北村さんが息子を喜ばせたくて誕生日にある演出をしたらしいです。

息子の20歳の誕生日のときで、北村さんの仲の良い俳優や女優さんを自宅に呼び、風船を部屋いっぱいにして息子を出迎えるというサプライズを仕掛けるといった事しました。

その誕生日パーティには、息子の彼女もいたらしく、なんでも北村さんはわざと彼女を早く帰らせて、パーティが終わった後に北村さんは息子と一緒に車でドライブに出掛けます。

そのドライブで、わざと険悪な雰囲気にして、その後ホテルの前に車を止めます。そこに息子の彼女がプレゼントを持って現れます。

北村さんは息子に喜んでほしくてこのような演出をした訳ですが、後に息子から”サプライズが下手”と言われちゃったようですね(笑)

”普段はしないが20歳の誕生日なので・・・”と北村さんは語っていましたね。

息子のためにここまでやる親はそういないでしょう。北村さんの親子愛を感じるエピソードですね。

現在、息子の将清さんは自身の活動をインスタグラムで、度々写真を投稿されていますね。

おそらく今後もダンサーとして活躍されていくのだと思います。

スポンサーリンク

若い頃について

北村さんの経歴などについてご紹介します。

1969年7月17日に北村さんは次男として生まれます。2人兄弟。

子供の頃から映画が好きだったようで、特に「海の征服者」という海賊映画に影響を受けました。

”海賊になりたい”という理由で高校は愛媛県にある「弓削商船 高等専門学校」の航海学科と機関学科を専攻して入学されます。

しかし、海賊になれないことが分かると三年で中退されます。

その後は役者を志します。役者であれば、海賊などいろんな役になれると考えたためとのこと。

※高校は中退しましたが、一級小型 船舶操縦士の免許を持っている。

19歳で東京に上京し、オーディションなどを受けますが、エキストラにしか付けなかった。

一時期は、自身でマネージャーをやり売り込みますが、うまくいかず廃業されます。

時期はわかりませんが、四年間ほど海外に放浪旅行されています。

東南アジアや南アメリカ、オーストラリアなどに滞在していたようですが、”逃げ出したまま終わってしまう”と思い日本に帰国。

その後、北村さんは二人の映画監督、三池崇史さんと望月六郎さんに出会ったことで俳優として活躍できるきっかけを得ます

1999年に、望月六郎監督の映画「皆月」と同年、三池崇史監督「日本黒社会 LEY LINES」に両方出演され映画の賞を取ります

※日本黒社会 LEY LINESでは、北村さんは主演でした。

取った賞は、「キネマ旬報 新人男優賞」、「ニフティ映画大賞 助演男優賞」 「ヨコハマ映画祭 助演男優賞」。

役作りに関して意気込みがすごく、1998年の映画「JOKER 厄病神」でチンピラ役で出演するのですが、役のために前歯を抜きに歯医者に行って医者を困らせたといいます。

※本当なのかわかりませんが、健康な歯を9本も抜き、さらに削ったらしいです。凄まじいですね。

また、北村さんは2003年に公開された映画「キル・ビル」にも出演されているのですが、出演するためにアポ無しでタランティ―ノ監督の泊まるホテルに行き映画の出演を交渉したという。

役作りだけでなく、仕事を取りにいく行動力もすごいですね。

おそらく長い間、俳優として売れなかった厳しい時期を経験しているからこその行動力でしょう。

以上、北村さんに関する情報でした。

スポンサーリンク