中田敦彦 嫁 福田萌との馴れ初めや子供について。弟はダンサー。

お笑い芸人として活躍されています中田敦彦さんについてご紹介します。

生年月日は1982年9月27日。出身地は大阪府 高槻市。

事務所は「吉本興業」に所属しています。

嫁 福田萌さんとの馴れ初めついて

 

この投稿をInstagramで見る

 

福田萌(@fukuda.moe)がシェアした投稿

中田さんは2012年6月5日にタレントの福田萌さんと結婚しました。

結婚時の年齢は中田さんが29歳で、福田さんが27歳になります。結婚した日は、福田さんの誕生日でもあります。

ふたりは最初、ちょくちょく仕事場で会うことがあったのですが、仲良くなるような事はなかったという。

唯一の繋がりは、ツイッターだったらしく、お互いフォローしあっていたそうです。

中田さんは2011年ごろにバラエティ番組「熱中スタジアム」の司会を担当していました。

この番組のアシスタント役は、女優の中越典子さんだったのですが、舞台でしばらく出られない時期がありました。

中越さんの代わりに福田さんが選ばれて、代役を担当されます。この番組で、ふたりは共演して仲良くなっていったそうです。

その後、ふたりはツイッターのダイレクトメッセージで連絡を取るようになり、中田さんが食事(デート)に誘います。時期は2011年8月ごろ。

デートのときに、中田さんは福田さんに文房具をプレゼントをしたらしく、福田さんにはそれが好印象だったそうです。

アクセサリーなどではなく、文房具という予想外なプレゼントだったので福田さんは「他の男性では中々ないことだけど、それがいいな」と、このとき思ったという。

※プレゼントした物は、メモ帳10個とボールペン10本。

また、話してみると福田さんの趣味が男性的だったらしく、ゲームや漫画の話ができたので、中田さんは楽しかったし親しみを感じたそうです。

中田さんは、女子ウケしそうなトークとかは苦手だそうです。そのため福田さんとは愛称がよかったみたいですね。

逆に福田さんの方は、自分の好きなアニメのことを、中田さんがすごく詳しく話してくれたらしく、何か同じタイプな感じがして興味が出たという。

このデートから、一ヶ月後ぐらいにふたりの交際がスタートするのですが、交際から二ヶ月後に、なんと中田さんは早くもプロポーズをします。

ある日、中田さんが「プロポーズってどういうタイミングでするんだろうね?」と福田さんに聞いたらしく、「クリスマスがいいんじゃない?」と冗談?のように答えたそうです。

しかし、2011年12月に中田さんが「もう我慢できない」といって、クリスマスになる10日前に「結婚して下さい」とプロポーズ

福田さんは「はい」といって承諾。プロポーズの場所は中田さんの部屋でした。

※後に中田さんが「ちゃんとお店を予約してプロポーズすればよかった」と後悔していたそうです。

半年後の6月が誕生日(福田さんの)なので、この日を入籍日にしようと言って決めたそうですよ。

もし、この半年間に問題があれば、考え直せばいいと福田さんは考えていたという。

福田さんが、プロポーズをすんなりと受け入れられたのには、理由があります。

福田さんは、友達の結婚式に出席した時に「自分は、もう結婚できる歳なんだ」と思っていました。

そのため、次に付き合う人とは結婚と考えていたので、中田さんと交際がスタートしたときには、この人と結婚するかも?と思ったので、突然のプロポーズでも大丈夫だったそうです。

2012年6月3日にふたりは、結婚することを発表します。翌日の4日には、結婚記者会見を開いています。

そして、同年6月5日にふたりは結婚されました。交際期間は、婚約期間を含めると約1年になりますね。

結婚式は2013年1月5日に、インドネシアのバリ島でされたそうです。

挙式は「コンラッドインフィニティ」というチャペルで行われたみたいですよ。併設ホテルは、コンラッド・バリ。

ハワイにしようか悩んだそうですが、中田さんが大学生時代にバリに言ったことがあるらしく、現地にも詳しくて馴染みがあるという事からバリになったそうです。

挙式の後は、ガーデンパーティーを開いたらしく、パーティでは中田さんの弟(FISHBOY)さんがダンスを踊ったり、相方の藤森さんが手紙を呼んだりして、笑いあり感動ありのパーティになったそうです。

スポンサーリンク

子供について

 

この投稿をInstagramで見る

 

福田萌(@fukuda.moe)がシェアした投稿

嫁の福田さんは2013年7月29日に第1子の女の子を出産します。

子供は、予定より一ヶ月の早い早産となってしまったらしく、福田さんは自宅で破水してしまい、緊急搬送となったそうです。

医者から、逆子で破水すると命の危険があると言われて、帝王切開での出産となったようです。

※逆子とは、本来お腹の赤ちゃんは頭から体全体を下にしているが、逆子は頭が上に向いてしまっている。

子供は無事に出産されて、体の機能などは問題なかったとのこと。子供は保育器の中で過ごしたみたいですよ。

中田さんは出産に立ち会っていたようです。

以下、福田さんのコメント。

突然パパとママになってしまったため、二人とも戸惑いと驚きでいっぱいですが、これからは協力しあい育児に励んでいきたいと思います。

皆さんには、妊娠期から温かく見守っていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

2017年1月22日には第二子の男の子を出産

出産は福田さんの実家、岩手県内の病院でされたそうです。

以下、中田さんのコメント。

1月23日 第2子となる長男が生まれました。

生まれたばかりの新たな生命を目の当たりにし、感動で胸が一杯です。

大仕事を成した妻に無上の敬愛を表するとともに、身に余る幸福に報いるよう、今後の宿命に真摯に向き合おうと思いました。

中田さんは子供が出来たことで、今以上に仕事に励まれていたのですが、福田さんから「仕事を減らしてくれ」と言われてしまいます。

中田さんは、仕事の休みがほとんどなかったそうです。月の平均休日が1.5日だったとか。

どうやら福田さんは、子供の世話を一人でしているのが基本だったので、中田さんがいないことが多いため孤独感を感じていたみたいです。

中田さんは「仕事を頑張ることが家庭を守ること」という考えが強かったため、家族との時間をおろそかにしてしまった。

中田さんは考えを改めて、マネージャーに”半年先まで、週に一回は休み”を入れるようにお願いしたそうです。おかげで、福田さんとても安心したそうですよ。

しかし、今度は中田さんが子育てを手伝うと、福田さんは”これはダメ。あれはダメ。”と要求がエスカレートしてストレスが溜まったという。

後に、福田さんは自分がよくなかったと反省。ツイッターで、以下のようにコメント。

要求がエスカレートして、夫への態度が悪かったのは本当に申し訳ないとしか…笑。

子供には、すっごい感謝したり褒めてたのに、夫への感謝、賞賛はなおざりにしてました。

私が完全に夫に甘えてました。

また、福田さんは教育熱心らしく、まだ長女が生後3か月の段階で、プレスクールに通わせていたという情報がありますね。

年間で約200万円もする、プレスクール通っていたといいます。入会金は5万円で、年会費1万円するとか。

※プレスクールとは保育士が全員、外国人講師で英語を教える。また、慣らし保育という意味もあります。

もしかしたら、長男もプレスクールに通わせている可能性があるかもしれません。

子供達の年齢は、現在だと長女が7歳で、長男が3歳になりますね。

小学生と幼稚園児なので、子育てはまだ大変な時期でしょう。

スポンサーリンク

弟はダンサー

 

この投稿をInstagramで見る

 

FISHBOY(@fishboydance)がシェアした投稿

中田さんの弟は、FISHBOYという名前で活動しているダンサーです。

本名は中田 啓之(なかだ ひろゆき)さん。弟についてご紹介します。

啓之さんは1985年12月19日に大阪府 高槻市で生まれます。

幼稚園を卒業するまで大阪府で過ごされましたが、小学生のときは山口県 山口市に引っ越して過ごされます。

今度は、小学6年生の時に東京都に引っ越して、学校は「練馬区 立石神井西小学校」に転校されます。

中学校は1998年に「青山学院中等部、高等部」に入学されます。

小、中学生のときは、サッカー部に所属していたそうです。また、中学生のときにはストリートダンスを始めます。

高校1年生のときに、ポップダンスチーム「BLACK D.O.G.S」を結成。

ストリートダンスの全国高校生大会「DANCEATTACK」に出場して優勝されています。

大学は2004年に「青山学院大学 経営学部」に入学されます。

大学生のときにも、全国大学生大会「BIGBANG!!!」というダンス大会に出場して優勝されます。

2009年にフランス、パリで行われた2ON2で勝負を決める、ストリートダンスの世界大会「Juste Debout」に出場。

フォーマーアクションのKITEさんとコンビを組んで、優勝されています。

2011年6月に音楽ユニット「Spontania(スポンテニア)」のシングル「愛よりも強いもの」のミュジックビデオに出演。

2013年5月には、当時KAT-TUNのメンバーだった田口淳之介さんのソロ曲「FLASH」のPVにバックダンサーとして出演。

2014年では、兄の敦彦さんと兄の相方,藤森慎吾さん他6人で、ダンス&ボーカルグループ「RADIO FISH」を結成されます。

ダンサーとしては輝かしい経歴を持っているようですね。現在は、ダンサーや振付師として活動されているようですよ。

また、FISHBOYという芸名は、兄の中田敦彦さんが書いた「ピコル君の小さな冒険記」の話に出てくるキャラクターが由来だそうです。

以上、中田さんの家族についての情報でした。

スポンサーリンク